Handmade Life

〜 one tree of Life 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
11月剣術ワークショップのお知らせ
木々の葉も落ち始め、冬の匂いがしてきました。雪は綺麗ですが、毎年大雪の脅威に怯える毎日です。

さて。秋も終わりと言うことで学生さんは修学旅行を終えた頃でしょう。修学旅行と言えば自由行動、自由行動と言えばお土産、お土産と言えば木刀。僕自身、飯盛山で白虎刀を買った覚えがあります。
当時、剣舞を習っていたことをひた隠しにしていた僕は友達と買った白虎刀で遊びながらもしれっと納刀、抜刀をこなし一目置かれた記憶があります。

先日、修学旅行のお土産をいただいた時にそんなことを思い出しました。
そして「ああ、そうだ。いい加減、剣術ワークショップやらなきゃ」と思い立ちました。

と言うことで急ではありますが、久しぶりに剣術ワークショップを行います。今回は「旅行やお祭りでテンション上がって買ってしまった木刀で正しく遊ぶ方法」をお教えします。
もちろん、過去にそんなものを買った覚えがない方の参加も大歓迎です。 以下、詳細となります。


高田一樹主催剣術ワークショップ
「またつまらぬ物を買ってしまった」

日時:2016年11月10日(木)
19時30分から21時
場所:万代市民会館1階プレイルーム
料金:500円(当日参加時にお支払いください)

当日は動きやすい服装で来るか、運動服を持参ください。着替えるスペースはあります。
内履きが禁止の場所です。裸足で行いますのでタイツ等は滑りやすく危険な為履かないようにお願いします。
木刀や刀っぽいものを持参していただくのは大いに助かりますが、移動の際は危険な為大きめの布などで包んでお持ちください。
なお、旅行でテンション上がって槍や扇子を買ってしまった方でも使い方をお教えします。お持ちください。ただし、タペストリーや団扇などはお教えできません。

ここまででわかる通り、楽しく刀に触れるワークショップです。和気藹々と楽しみに来ていただければ幸いです。よろしくお願いします。
| 高田 一樹 | 高田劇剣術道場 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
講師になった!!
今年最大の高田一樹の活動『高田劇剣術道場の創設』 !!

Sir史に残る!!

1984 生まれる。逆子。帝王切開。
1985 妹、生まれる。
1990 弟、生まれる。
1992 引っ越す。初恋の女子と文通する。
1994 他に好きな女子が出来る。文通面倒。
1995 剣舞をやらされる。
1996 小学校初のミニバス県大会出場。背番号17。控え。
1999 中学生の間に6人にフラれる。初めての彼女は高校2年生。
2000 高校入学と共に彼女にフラれる。
2002 高校中退。この間に3人にフラれる。
2003 情熱華劇団に入団。この間に2人にフラれる。
2008 調理師免許を取得。4人にフラれる。
2010 高田劇剣術道場を創設。

つまり15人にフラれたと言うことになります!!


ああ、ずれた!!

わかりやすく言うと本部から書類が送られてきて、契約が締結したのです!!
秋ごろのチラシには俺の名前が載ります。

・・・潰れてなければ。

時間も決まりました。
毎週土曜日15:00〜16:30!!

まず最初の目標はプロモーションビデオの作成の為の立ち回り。
映画での殺陣と舞台上での殺陣の違いを踏まえつつ、基本を講義しようかと。

人数が集まれば!!


と言うことで本格的に「先生」を名乗れるわけです。

まさかSir史の中の俺も先生になるとは思っていなかったでしょう。
15人にフラれた男が、人に刀をフラせるようになるなんて!!




あ、お後がよろしいようで。
| 高田 一樹 | 高田劇剣術道場 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Leader or Teacher.

観てきた舞台について一生懸命書いたら、ネット回線が断たれて記事がパーになった!!

随分と事細かに書いたのに!!

感想としては。
役者としてはお客さんを泣かせたいと思う。
創る時はお客さんを笑かしたいと思う。

と思ったなぁ、と。

さて。
書くこともなくなったのでここ5日間のことでも書こう!!
土曜日にデザイナーmoricoが作ってくれた高田劇剣術道場のチラシ案を前に、たまたま集まっていたやっくん、ゆーた、もりこと会議をした。
というか会議になった。

GWが終われば動き出す予定なのでいろいろと水面下で動かなくてはならない!!

高田一樹が「先生」と呼ばれることになるので、ちょっと大層なプロフィールを用意したりしなければならなかったり、誰でもわかる講座内容をできるだけ簡潔に書かなければいけなかったりする。

というか、別にチラシを作ろうとしなければしなくても良いことだったりする!!

そんな中、やっくんからは「この道場は劇団ではないのだから目標なりゴールなり、生徒が志せるものを一樹さんが用意しなければならない」と言われた。

ある程度頭の中にあるものの、それを明確化するのとしないのでは大きな差がある。

例えばジャスティス☆ファイブや翠月が笑ったらぶった斬れ!の時のように自分が先陣を切って何かをするのはLeaderと呼ばれるが、この道場は会費を頂いて技術を教えるのでTeacherなのだ。

先生と聞いて誰もが記憶に甦るのは学校の先生だろう。

学校の先生が生徒に目標を持たせる為に行っているのがテストだ。
ぶつくさ言いながらも「テストがあるから」と勉強をする。
俺は良い点をとらなくて良いとは思うがテストが無くても良いとは思わない。
良い点をとる為の勉強はテストの目的から外れているからだ。
普段から授業に取り組んでいれば良い点数がとれるのがテストで無くてはいけない。

というかそもそも話題が外れている!!
つまり「テスト」と呼ばれるようなものを用意したほうが良いという話だ。
でもそれは頭の中にあるので、大丈夫だ。

じゃあ何の話か?
・・・えー・・・っと確か明確化するしないの話だった気がする。
発表会とかもやりますよーって話だったのか・・・。

あ、書くことないからなんか書いとこうって話だった!!

| 高田 一樹 | 高田劇剣術道場 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
高田劇剣術道場 概要

アクセスいただきありがとうございます。

このページは講師 高田壱峰(高田一樹)のブログHandmade Lifeの一ページを使っております。 

本格的なホームページを作成するには時期尚早かと思いこの形になりました。

このページをご覧になっている方々は「ちょっと興味がある」方々だと思い、チラシでは説明しきれない部分を説明させていただこうと思います。

簡単にQ&A方式で。

Q1.「劇剣術」ってなんですか?

A1.造語です。そんな言葉、実はありません。
普段は「殺陣(たて)」と呼ばれています。
時代劇でズバズバッと刀を振り回して戦うこと。
それが『殺陣』であり『劇剣術』です。

Q2.どうして劇剣術道場なんですか?

A2.殺すって言う字が入ってると怖そうなので変えました。
おかげで「わかりにくいぞ!!」と評判です。

Q3.高田壱峰(高田一樹)って誰ですか?

A3.ええ。知らない人がほとんどだと思います。
情熱華劇団と言う新潟市内の劇団に所属している26歳の舞台役者です。
見た目はもうちょっと老けてます。
詳しいプロフィールはこのブログの紹介や情熱華劇団の役者紹介欄で見れます。

Q4.剣舞って何ですか?

A4.簡単に説明すると詩吟にのせて日本刀を持って踊る日本の伝統芸能です。
自分は12歳から始め、今は峰精流剣舞道峰精館の師範を務めさせてもらっています。
年に十数本のステージに立っているので古町やそこら辺で見かけたかもと言う方もいるかもしれません。

Q5.劇剣術道場ではなにを教えてくれますか?

A5.日本刀の基本的な作法と斬り方をベースにいわゆる「侍の作法」も合わせて指導したいと思っています。

その基本動作を踏まえて「音楽に合わせて刀を振る」ダンス的なものも考えています。

Q6.日常生活で役立ちますか?

A6.もし日常で辻斬りに会ったら対応できますがそんなことは少ないと思います。
メリットとしては

・重心が安定するので着物や浴衣が似合うようになる。
・ことの他「目」を使うので『眼力』がアップする。
・殺陣に触れることで時代劇がより面白く観れる。
・珍しいので友達に自慢できる。

ダイエット効果があるとは言い切れませんが、汗をかくので良い運動になると思います。

Q7.発表会はありますか?

A7.殺陣と言うのが舞台上でのモノですから、「どこかで披露したい」と言う希望があれば舞台を用意する予定です。もちろんひっそりとやりたいと言う希望にもお答えします。
自分の希望としてはインターネット上に宣伝用のかっこいい動画をアップするのが最初の希望です。

Q8.別途教材費はなんですか?

A8.受講される方にはそれぞれ自分の木刀を用意していただくつもりです。
お土産用の木刀は脆いので、自前の木刀ではなく稽古用の木刀を用意します。
教材費は1500円で、初月のみ加算されます。

Q9.危なくないですか?

A9.木刀を使いますから怪我の危険が100%無いとは言い切れません。
ですが、しっかりと指導を聞いていただければ怪我をするようなことはまずありません。

Q10.面白いですか?

A10.この道場では「殺陣の技術を身につける」と言うよりは「刀に触れて楽しんでもらう」ことを優先して指導する予定です。
楽しめなければ上達しないのは学ぶこと全てに言えることだと思っています。


その他、質問などがあれば下のリンクから、メールしてみてください。
To Handmade Life(※メールソフトが開きます)

または直接シダックス万代のほうへご連絡ください。


月額4200円で月4回。
曜日は土曜日。
時間は15時から16時半の90分。
場所はシダックス万代。URL


なにぶん、こういう講座は初めてなのでわからないこともいっぱいあると思います。
なのでむしろ質問をたくさんいただけるとありがたいです。

ブログの他のページを見ると「ああ、結構適当な人なんだなぁ」と思うと思います。
このページだけお堅く書いてます。

「楽しく体を動かしたい」と言う思いだけで大丈夫です!!
連絡お待ちしております!!

| 高田 一樹 | 高田劇剣術道場 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF) (JUGEMレビュー »)
デイビッド・コープランド,ロン・ルイス
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 高田一樹
110715_1447541.jpg
地元新潟で演劇活動などを行う人。


峰精流剣舞道峰精館所属。
雅号は高田壱峰(いっぽう)
師範なのを良いことにやりたい放題する。

殺陣教室!!
高田劇剣術道場

詳細はこちら
綺麗なお姉さんと心理学が好き。
モテたい。

twitter@sir_kz その他詳細は下のPROFILE欄でご確認ください。


「こんな記事を書いて欲しい」リクエストや直接伝えたい方は下記のリンクからメールをお送りください♪

To Handmade Life
one___tree712@yahoo.co.jp
(___を削除してアドレスに打ち込んでください)
もちろんコメントもたくさんお待ちしてます!!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE