Handmade Life

〜 one tree of Life 〜
<< 2011年12月27日のつぶやき | main | 2011年12月28日のつぶやき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
最高のプレゼント
昨日の忘年会はかなり楽しませてもらった!

ちょいとFaceBookで話題になったのだが、高田一樹は別に『演劇が好きな訳ではない!』

ゆえに「どうして演劇が好きなの?」と言う質問には答えづらい!
「どうして演劇を続けているの?」と言う質問にはみなさんの想像通りの答えをする!

だからこそ俺は「演劇論」を熱く語ることが出来ない!
「演劇ってのはな!こういうモンなんだよ!」
とかそういう発言が出来ない!
けど羨ましいとは思わない!
なので「なるほど!」とも思わない!

俺が好きなのは「エンターテイメント」である!

ひっくるめて「楽しませること」、「楽しんでもらうこと」を創るのが好きなのだ!

なので先輩たちの話を熱心に聞いてる若者に対して「ま、俺はモテたいから芝居やってるんだけどね」と言う結び文句で終始した!

さて。
エンターテイメントと言うと普通に生活する面でほど遠いと思う人も多い。
しかし。
このシーズン!
もっともエンターメイメント力が必要とされた時期ではなかろうか!

クリスマスである!
まぁ、恋人がいればの話になってしまう。
最近の統計では恋人がいる20代は20%にも満たないそうだ!
そんな需要のなさそうな記事はやめてこうする!

「最高のプレゼントの渡しかた」を題材にエセ心理学をぶちまけよう!

俺の周りには12月に誕生日を迎える人間が多い!
するとプレゼントの受け渡しを目にする回数が必然とあがる。
プレゼント選びに苦労する人もよく目にした!

そこでこの記事を書こうと思ったのだが。
まずみなさんはプレゼントになにを期待するだろうか?

実用性。値段が高価であること。 希少性が高いこと。

いいや、そもそもプレゼントに多大な期待などよせない!
大体が友達か恋人からもらうのがほとんどのプレゼントの中でなにを求めるか。

『サプライズ』と『サービス』である!

ぶっちゃけ中身はなんでも良い!
・・・とは言わないが、本当に要らないモノでなければパーティグッズだろうが喜ばれる!

その為にやってはいけないことが二つある。

『なにが欲しい?』と聞くこと!
『大勢の前』で渡すこと!

※あくまで今回は友達ないし友達以上恋人未満の人にプレゼントを渡すと言うテーマでお送りしています。


「次の誕生日、なにが欲しい?」
これは誕生日の半年前までしか使ってはいけない単語だ!
間違っても一週間以内に使ってはいけない!

その時点で相手に『プレゼントがもらえる』と言う心構えが生まれる。
そうなるとサプライズのハードルは棒高跳びクラスまで跳ね上がる。
さらに『プレゼントの中身』まで指定されるのだから、箱を開けるドキドキわくわくもない!
そのうえ、もしそれが高価だったら。手が届かなかったら。用意できなかったら。
本来ならメール一通送るだけでも喜んでもらえたはずなのに、評価が下がるだけの結果になる!
この単語は『プレゼントをするのが当たり前』にしてしまう最も言ってはいけない単語である。

そしてもうひとつ。
『大勢の前で渡す』のもよくない!
日本人は感情を表に出すことを好まない!
気の許せる仲間たちの前でしか素直な感情を表せなかったりする。

つまり大勢の前でプレゼントをもらっても素直に驚いたり感動できないのだ。

素直に感情を出せないとどうなるのか?
一年以上前に書いた「一貫性の心理、認知的斉合性」を見て欲しい。

「好き」と口にすると好きになってしまう心理のことである。

人間は外に出した感情と自分の心理をすり合わせようと言う心理を持っている。
つまり「本当は泣くほど感動しているのに、みんなの前だから軽くありがとうと言った」と言う結果になった場合・・・そのサービスは「軽いありがとう」として記憶にインプットされてしまうのである。

なんとも損な話ではないか!

プレゼントに限ったことではないが、相手が望むのは商品ではなく心の充足感だ。

サプライズとサービスを満たせば315円のボールペンでも泣くほど喜んでもらえることもある。
しかし満たせなければ高級外車でも「もらって当たり前」になることがある。

男子はいつも大きな勘違いをする。
プレゼントでは「値段の大きさは好意に比例する」と言う勘違いだ。
すっごく好きな人には高いプレゼントをあげたがる。
でも相手からしたら「友達からそんな高いモノもらっても、逆にお返しが大変」と思わせてしまう。

じゃあどうすればいいの?
と聞く男子もいるだろう。

うるせえ、馬鹿野郎!
と言いたい。

人によってなにに充足感を得るかは違う。
まったりしたデートが好きだったり、テーマパークが好きだったり。
夏がダメだったり、セロリが好きだったりするのね。

だから一様にこれが最高などと言うプレゼントはない!

と、書くとものすごいクレームが来そうなので書く。

プレゼントで求められるメッセージは・・・
『会っている時じゃなくたって、君のことを考えている』と言うことだ。

誕生日を覚えていること。好きなモノを覚えていること。
欲しいと言ったモノを忘れずにいること。
時間を割いてプレゼントを探してくれたこと。
渡す方法を考えてくれたこと。
それらに感動してくれるのだ。

渡す瞬間はそれらの結果でしかない。
充足感は結果だけで得られるものではない。
過程と結果の両方で初めて充足感を得るのが人間だ。

そうして人によってそれぞれの充足感を満たせることが出来るのがエンターテイナーだ!
| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 13:08 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:08 | - | - | - | - |
恋人がいた時に、誕生日忘れられた上に
「プレゼントは俺の部屋にあるもの何か持っていっていいよ。」と言われスゲーショック受けたの思い出したww
やっぱ『覚えてた事、時間を割いてプレゼントを探してくれた事。』これはすごくデカイっすね!
覚えててくれたこととか、自分の為に悩んでくれたことが一番嬉しいっす!

それはともかく、SHOWとしての演劇は友人を誘いやすいので嬉しいです♪
演劇を観るために観劇に行くのとは別で、その日一日を楽しく過ごすための観劇ができるので…

なんか支離滅裂っぽくなった上に長文になっちゃいましたね;失礼しましたw
| マルマルもりもりこ | 2011/12/30 1:52 PM |









トラックバック機能は終了しました。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF) (JUGEMレビュー »)
デイビッド・コープランド,ロン・ルイス
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 高田一樹
110715_1447541.jpg
地元新潟で演劇活動などを行う人。


峰精流剣舞道峰精館所属。
雅号は高田壱峰(いっぽう)
師範なのを良いことにやりたい放題する。

殺陣教室!!
高田劇剣術道場

詳細はこちら
綺麗なお姉さんと心理学が好き。
モテたい。

twitter@sir_kz その他詳細は下のPROFILE欄でご確認ください。


「こんな記事を書いて欲しい」リクエストや直接伝えたい方は下記のリンクからメールをお送りください♪

To Handmade Life
one___tree712@yahoo.co.jp
(___を削除してアドレスに打ち込んでください)
もちろんコメントもたくさんお待ちしてます!!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE