Handmade Life

〜 one tree of Life 〜
<< 演劇食堂に出てきた時のお話! | main | 剣舞にボーカルを呼んだ時の話。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
かほてぃーぬ生誕祭に忍び込んだ時のお話。
7月半ばのことである。
twitterのダイレクトメールが届いた。

「9月12日によさこいを踊るので踊ってもらえませんか?」

と言う内容だった!困った!よさこいなど踊ったことがない!
そもそも俺は日本舞踊のひとつ剣舞の師範であるにも関わらずダンスがそこまで得意ではないのだ!

普通なら断っている!当たり前だ!30歳になって体力も衰えを隠せないとか思っている矢先に、1曲踊っただけでご老人なら死の淵まで命を運びかねないほどの運動量のよさこいを一から覚える上にそれが2曲だ!

だから俺はこう返信した!

「それとは剣舞を舞わせてくれるのならやります!」

なぜそんな返信をしたか?
それは簡単である!
その依頼主がAngel GenerationのかほてぃーぬことKAHOさんだったからである!

そして依頼先は俺だけでなくNIIGATA BLUES全員に対してだった!

かほてぃーぬからメールが全員に同じダイレクトメールが届いたその日、リーダーのチヒロブルースからメンバーにそのメールが転載されて届いた。
全員が「それ、たぶんみんなに届いてるよ」と返信した!

そして少し相談した上で全員参加することになった!
俺はその日からランニングを開始した!少しでも体力をつけるためだ!
疲れたから全力で踊れませんでしたと言う言い訳は通用しないし、失礼だ!

そして走るのが大っ嫌いだった俺はそのステージの3日前に目標だった10kmランニングを完走した!
両足に血豆ができ、潰れても俺はよさこいの曲と剣舞で舞う千本桜を聞きながら走った!

練習は平均して週に1回、約2時間となった!
それぞれが舞台稽古や仕事の隙間をぬって夜中の公園や、夕方に普段は演劇の練習をする稽古場で息を切らして踊った!

俺は最多で6つもの稽古場を行き来していた!
東区市民劇団、演劇食堂、水原まつり、剣舞、無差別、よさこいである。

「忙しそうだねえ」といつも言われて「そうでもないです」と答えていた俺だが、この時ばかりは「そうっすね、おかげさまで」と答えていた。

それなのに俺はよさこい二曲に加えて初音ミクの代表曲のひとつ「千本桜」を剣舞で舞いたいと言い出したのだ。
NIIGATA BLUESメンバーからは「え?馬鹿なの?」とすら言われた!

理由はいくつかあるが一番は「かほてぃーぬの歌で剣舞を舞いたい」と言う気持ちだった。
ここを逃せばチャンスは無いと思った!
剣舞というものはいつもCDで舞うのだが、本来発祥した頃にそんなものは無かった!生の詩吟である!
誰かの歌に合わせて舞うというのは、剣舞本来の形であると思う!
そんなわけで舞わせていただいた!

そんな練習をしながらいつしかメンバー全員が本気になっていった!
「当日来てくれるお客さんにも、依頼してくれたかほてぃーぬにも失礼の無いように!」と言う暗黙の了解が出来ていた。

そもそもアイドルが立つステージに俺たちが立つわけだ。
そしてその練習をしていたと言うことはプライベートでも会っていたと言うことになる。
(厳密に言えばステージの練習は公務なのでプライベートでは無いが)
普段、お客さんが飲食代を払って会いに行くアイドルになんの代償も払わず会っていたことが知れれば多少なりとも心の中で「チッ」と舌打ちするだろう!俺もきっとそうだ!
だからこそ全力でならなければならない!俺たちは真夜中の公園で、お互いの振りが見えなくなっても練習した!


事前練習も終え、当日。
俺たちは用意されたテーブルで震えていた。
やれることは全部やった。
あとは受け入れてもらえるかどうかだ!
しかし、それが一番の不安要素だ!
みな、各々に死亡フラグを立てていた!


ステージが始まり、俺たちは用意された部屋でかほてぃーぬが忙しい中作ってくれた衣装に袖を通した!

iPhoneImage.png

みんな、一生懸命はっちゃけているがこの瞬間が緊張のピークだった!
そしてかほてぃーぬの呼びかけで登場した俺たちにはとてもたくさんの暖かい拍手が送られた!
そこから先の細かいことはほとんど覚えていない!
とにかく楽しかったと言う感情しか記憶にない!
たくさんの手拍子!きらきらとした眼差しが、俺たちを飛び越えてKAHO,MASAKOに送られていくのがわかった!

そして、よさこいを踊り、剣舞を踊り、もう一曲よさこいを踊り、最後にはニイガタPOWERまで踊らせていただいた!
俺は「OHANAに立った数少ない舞台人」になった!

iPhoneImage.png
内藤くんは所用で抜けたが、五人で写真を撮った!

ステージが終わり、たくさんのお客さんが俺たちのいるテーブルに来てくれた「なにか一杯おごらせてくれ!」と言う方まで現れた!
その時だった。
今まで数々の公演の打ち上げでも、涙を見せなかったもっつぁんの目頭が熱くなっていく様子を俺は見た!

なぜだ!なぜここで泣くのだ!もっつぁんよ!!


そして声をかけてくれたほとんどの人に「またよろしくお願いします!」と声をかけてくれた!
俺たちはその言葉が嬉しくて、遠慮なくはしゃいで閉店までいたのだ。

こんな素敵な生誕祭を創ったファンがいること。
それに感謝しながら全力でセルフプロデュースしたかほてぃーぬ。
その提案をすべて「やろうよ!」と言って実現したまさこ。
それを全力でサポートしたお店の人たち!

ここはすごいお店だ!
そこでたくさんの方に拍手をもらえたことを俺は誇りに思う!

 
| 高田 一樹 | my life | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:34 | - | - | - | - |









http://handmadelife.jugem.jp/trackback/2124
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF) (JUGEMレビュー »)
デイビッド・コープランド,ロン・ルイス
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 高田一樹
110715_1447541.jpg
地元新潟で演劇活動などを行う人。


峰精流剣舞道峰精館所属。
雅号は高田壱峰(いっぽう)
師範なのを良いことにやりたい放題する。

殺陣教室!!
高田劇剣術道場

詳細はこちら
綺麗なお姉さんと心理学が好き。
モテたい。

twitter@sir_kz その他詳細は下のPROFILE欄でご確認ください。


「こんな記事を書いて欲しい」リクエストや直接伝えたい方は下記のリンクからメールをお送りください♪

To Handmade Life
one___tree712@yahoo.co.jp
(___を削除してアドレスに打ち込んでください)
もちろんコメントもたくさんお待ちしてます!!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE