Handmade Life

〜 one tree of Life 〜
<< カレンダー | main | 深夜徘徊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
〜市橋side〜
気がつくと夜空に浮んでいた赤い三日月は消えていた。

妙な胸騒ぎに引かれ伊之助を先に屯所に帰らせて俺は走った。
赤い光に照らされた未開の桜はまるで秋の枯れ木のように見えた。

伊之助から灯りを借りてくるんだったな。

冷静に振舞うつもりが時にへまをやらかす。
それもこの月の所為だ。この月はあの頃を思い出させる。
−門司隊長が死んだ日。
その日も何故かこんな三日月だった。
門司隊長は真紅の血にまみれて倒れていた。駆けつけた俺と義隆に隊長はただ口元に笑みを浮かべるだけで自分をこんな目にあわせた者の名を語ろうとはしなかった。
俺は義隆にその場を任せ、辺りを走り回った。
だが、なにも見つからなかった。義隆のもとに戻ると隊長は息をしていなかった。
呆然としながら義隆が俺に隊長の遺言を告げた。
「これからは勝歳さん…貴方に隊長を任せるそうです」
…わからなかった。何故俺なのか?義隆は他のことは口にしなかった。
俺たちは天巌隊を狙う妖怪の仕業だと他の隊士に言った。
他の隊士はあっと言う間に辞めていった。
今まで隊士が妖怪に殺されることはなかった。そして絶大な支持を得ていた門司隊長の死−。代わりに隊長になったただの平隊士の俺。
この状況は納得できた。わからないのは門司隊長の意志だった。門司隊長だってこうなることはわかっていたはずなのに。

「くそッ!!」
俺は走る速度をさらにあげた。まるで取り返せない過去を取り戻すかのように。もしかしたらこの先には門司隊長がいるのではないかという有り得ない希望まで浮んできた。
がむしゃらに走っていた俺の目の先にいくつか影が見えた。…と思うなり影が倒れひとつになった。
「誰だ!!」
おそらく俺に向かって叫んだのであろう、その声は聞き覚えのある声だった。

体が思うように動かなかった。
俺は全速力で抜刀し、その影に斬りかかった。
そいつは素早い身のこなしで俺の刀を受け止めた。その刀の柄は白く、刀身は俺の刀よりも長い。赤い月に照らされたのか、影を斬った所為なのか赤黒く輝いている。俺はその刀を見るなりそれが何なのか悟った…妖刀【翠月】。
なぜこの刀がここにある。屯所に置いてあるはずだ…それにこの刀は慎三郎が斬ったはずだ。こんなに長い理由が無い。
混乱する頭を前に向けると妖刀翠月の向こうには見知った顔があった。

−忠吾…?

錯乱する俺に忠吾は軽く笑みを見せる。途端に視界がぼやける。
…まずい!!
と、思うや否や視界が覚めた。目の前には慎三郎が槍で俺の刀を受け止めている。
「お前は…」
「あぶねぇ男だな、相変わらず」
俺は早々と刀を引き、鞘に納めた。
「こんなところでなにしてる」
「話してもいいが日が明けちまうぜ」
「構わん」
慎三郎はそう言ったが、空はもう紫色に近い。

気がつくと赤い三日月は消えていた。
| 高田 一樹 | 翠月が笑ったらぶった斬れ!2(小説版) | 16:59 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:59 | - | - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/23 11:22 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/23 3:36 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF) (JUGEMレビュー »)
デイビッド・コープランド,ロン・ルイス
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 高田一樹
110715_1447541.jpg
地元新潟で演劇活動などを行う人。


峰精流剣舞道峰精館所属。
雅号は高田壱峰(いっぽう)
師範なのを良いことにやりたい放題する。

殺陣教室!!
高田劇剣術道場

詳細はこちら
綺麗なお姉さんと心理学が好き。
モテたい。

twitter@sir_kz その他詳細は下のPROFILE欄でご確認ください。


「こんな記事を書いて欲しい」リクエストや直接伝えたい方は下記のリンクからメールをお送りください♪

To Handmade Life
one___tree712@yahoo.co.jp
(___を削除してアドレスに打ち込んでください)
もちろんコメントもたくさんお待ちしてます!!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE