Handmade Life

〜 one tree of Life 〜
<< リフティング | main | 仕事人の手伝い人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
〜源山の過去〜
俺は伊之助に化けていたこのさつきと言う女を連れて走っていた。
向かう先にはこの女の仇源山がいる。
「お前の兄の仇は本当に源山で間違いないんだな」
俺は走りながら確認した。確認したところでそれを信じるかどうかと言えば違う。
どうやらさつきは走るのに精一杯で答えようとしなかった。

日が西に傾き空が赤くなる頃、ようやく妖怪の根城に着いた。
岩が口を開けるような暗い入口を通る。
どうやら白峰はいないらしい。外に出てるのか。珍しいこともあるもんだ。少し速度を落とした俺の歩みにさつきは疑問を抱いたらしい。
「いいか。この先に源山がいる」
「本当に?」
「ああ。だがそれがお前の仇かどうかはわからん」
「なによ、それ」
「自分で確かめろ」
俺はそう言い歩を奥に進めた。人影がある。
「源山」
そう呼びかけるとその影はピクリと動き、こちらを振り向いた。
「おお、勝歳か・・・どうした?」
間違いなく源山だ。そう思った瞬間−さつきは俺の脇差を引き抜き源山に斬りかかった。
源山はそれを右手で受け止める−普通なら右手は切り落されるような速さだったが源山は全く動じずに受け止めた。それは鞘もろともの刀だった。
「その刀はお前には抜けん」
俺は慎三郎に斬られた【翠月】を脇差として持ち歩いていた。装飾を変えて。
そのほうが安全だと判断したからだ。
「物騒な子供じゃな」
源山は斬りかかったさつきにそう言った。
「で、勝歳。わしに何の用じゃ?」
「源山・・・お前は人を殺した事があるか?」
単刀直入に聞いた。
「無い・・・と言えば嘘になる」
源山は正直に言った、それはそうだろう。妖怪がなにかしらの事件を起こしていなければ天巌隊が組織された経緯がわからなくなる。
「しかし直接手を下したことは一度も無い」
「岳牙か白峰にやらせたのか?」
「そうではない・・・」
要領を得ない源山の話に俺は少し混乱する・・・が、源山は続けた。
「わしには妻が居た・・・天巌隊が組織される頃じゃったから大手を振って幸せとは言えんかったが、それでもわしは良かった。しかしある日天巌隊がわしのところへ来た、そこで初めてわしが純血妖怪だと知った天巌隊は真っ先にわしを討伐する気でいたらしい。わしは必死で戦い妻を守った・・・それでも逃げるのが精一杯じゃった」
源山はそこで机に置いてある酒を一口飲んだ・・・源山がここまで長話をするのは初めてだ、いやそれ以前にこの男の過去など俺は知らなかった。
「わしはいくらか傷を負ったが妻は無事だった。わしはこれからは一緒にいられないと悟り、妻にどこかへ逃げろと言った。妻は当然それを拒んだが、わしもその方が二人の為だと妻をなんとか納得させた。しかし妻が逃げるのを天巌隊は追いかけた、それを助けたのが門司じゃった」
俺は少し驚いた・・・門司隊長が妖怪を助ける為に人を斬っていたこと・・・あの人ならやりかねんとは思ったが。
「門司はそのまま妻を逃がした・・・だがわしは後にその先が都であることを知った」
源山の言いたい事がわかった。都は天巌隊を作るように桜下町に命をくだした場所、そんな場所が妖怪の存在を認めるはずが無い・・・つまり源山の妻が生きることなどできるはずがない。
「今にして思えばそのまま門司に頼めば良かったのだ・・・だが天巌隊の人間を信用してはならんと思った。それから先は前に言った通り一人になったわしに門司は居酒屋を任せ、門司は『天巌隊の隊士数名を殺した源山』を守った」
「・・・そうか」
俺は源山の話に頷いたが心の中では納得しなかった。それではさつきの仇になるとは言いがたい・・・しかし源山は話を続けた。
「もうひとつある・・・それから少しして文が届いた。妻からだった、わしは驚いたが門司が小村屋のことを報せていたらしい。手紙の内容は『子供が出来た・・・名をさつきとしようと思う』」
「え・・・?」
それまで黙っていたさつきが顔を上げた。無理も無い、源山の話が正しければこのさつきは源山の娘と言う事になる。それならさつきが純血妖怪なのも納得できる。

「おっさん!!」
奇妙な一瞬の沈黙の中慎三郎が入ってきた・・・背中には男を抱えている。
「こいつを生き返してくれ!!」
慎三郎が背中から降ろした男は既に息絶えている上に左腕が切り落されている。
・・・無惨だ。
それを見てさつきが叫んだ。
「忠吾!!」
忠吾・・・俺はこの男を知らない。しかし名は知っている。


俺は疑問を抱えたまま妖怪の根城で立ち尽くした。
| 高田 一樹 | 翠月が笑ったらぶった斬れ!2(小説版) | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:02 | - | - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF) (JUGEMレビュー »)
デイビッド・コープランド,ロン・ルイス
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 高田一樹
110715_1447541.jpg
地元新潟で演劇活動などを行う人。


峰精流剣舞道峰精館所属。
雅号は高田壱峰(いっぽう)
師範なのを良いことにやりたい放題する。

殺陣教室!!
高田劇剣術道場

詳細はこちら
綺麗なお姉さんと心理学が好き。
モテたい。

twitter@sir_kz その他詳細は下のPROFILE欄でご確認ください。


「こんな記事を書いて欲しい」リクエストや直接伝えたい方は下記のリンクからメールをお送りください♪

To Handmade Life
one___tree712@yahoo.co.jp
(___を削除してアドレスに打ち込んでください)
もちろんコメントもたくさんお待ちしてます!!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE