Handmade Life

〜 one tree of Life 〜
<< 陽炎の辻 | main | セイなる夜に怪談を >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
〜妖怪を倒す刀〜
「おっさん!!頼むよ!!忠吾を生き返してくれ!!」
俺はおっさんにしがみつきながら叫んだ。
おっさんは暗い顔して俺の腕を振り払った。
「・・・できん」
「なんでだよ!?」
俺はとっさに言った。おっさんならできる。
半年前に伊之助達を生き返したんだ。翠月とその死体があれば生き返せる、そうじゃなかったのか。千草の親父の時とは違う。忠吾はここに居る。
「翠月がなぜ妖怪を倒す刀と言われているのかわからんのか」
「んなこと知るかよ」
「翠月がなぜこれほど強い力を秘めてるかわかるか」
「知らねぇって言ってんだろ」
今日に限っておっさんは回りくどい言い方をする、面倒臭ぇ。
「翠月は斬った妖怪の力を吸い取る刀だ」
市橋が横から口を挟んだ。こいつは用件だけ言うから話が早ぇ。
・・・ってことは。
「わしにはほとんど力がない・・・そこにいる男を生き返らせる事などできん」
「そういうことだ、源山は最早俺達と変わらない。名ばかりの妖怪だ」
市橋はそれからこの町にいる二種類の妖怪について話した。
力を持つ妖怪と持たない妖怪。
その違いは先祖が翠月で斬られたかどうか、それだけのことだと。
源山は半年前に白峰に翠月で斬られた・・・それから力を失ったこと。
わけわからねぇ話しだったが要はこういうことだろ。
「おっさんはもう何も出来ねぇんだな」
「・・・そうじゃ。すまん」
「謝る事ぁ無ぇよ。俺が変なこと考えたのがいけなかった」
俺はそう言って根城を後にした。こうなりゃ忠吾の為にやれることはひとつしかねぇ。
「どこへ行く」
「仇討ちに決まってんだろ」
「・・・待って!!」
俺を止めたのはさつきだった。ずっと忠吾の傍で泣いてたみたいで目が赤くなってた。
「なんだ?お前も行くのか?」
「私に・・・やらせて」
さつきはそういうと手に持ってた脇差の柄を俺に向けた・・・どうやら抜けと言う意味らしい。
「翠月だ」
俺が戸惑ったのがわかったのか市橋がそう言った。なるほどな・・・でもこの女。
「もしかしてお前・・・」
「源山の娘、なんだって私」
俺は一瞬腰を抜かしそうになったが、それなら話が早い。
「わかったよ」
俺は翠月の柄に手をかけ、ゆっくりと引き抜いた。
相変わらず刀身は深い緑色に輝いている。
俺は抜き身になった刀をさつきに向け、渡した。
「ありがとう」
「礼を言うのはまだ早ぇ」
さつきはなにかぶつぶつと唱え翠月を天にかざした。

・・・が、なにも起こらなかった。
忠吾はピクリともしない。
「やはり無理じゃったか・・・そもそも反魂術などわしは誰にも教えておらん」
「それに翠月の力も半分以下になってるだろうな」
俺もなんとなくだがそう思っていた・・・結局やることは変わらないと思っていた。
忠吾の為にできること・・・仇討ちだ。
「待て」
根城を出て行こうとする俺に市橋が声をかけた。
「言っておくが、止めるなよ」
「俺も行く・・・どうしても気になる事がある」
市橋はさつきから翠月を受け取り、俺と市橋は根城を後にした。

落ち込んでるさつきにおっさんが声をかけていたが、俺達には聞こえなかった。
それほど遠くには行ってないはず。
俺たちはあのボロボロになった小屋を目指す事にした。
| 高田 一樹 | 翠月が笑ったらぶった斬れ!2(小説版) | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:02 | - | - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF) (JUGEMレビュー »)
デイビッド・コープランド,ロン・ルイス
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 高田一樹
110715_1447541.jpg
地元新潟で演劇活動などを行う人。


峰精流剣舞道峰精館所属。
雅号は高田壱峰(いっぽう)
師範なのを良いことにやりたい放題する。

殺陣教室!!
高田劇剣術道場

詳細はこちら
綺麗なお姉さんと心理学が好き。
モテたい。

twitter@sir_kz その他詳細は下のPROFILE欄でご確認ください。


「こんな記事を書いて欲しい」リクエストや直接伝えたい方は下記のリンクからメールをお送りください♪

To Handmade Life
one___tree712@yahoo.co.jp
(___を削除してアドレスに打ち込んでください)
もちろんコメントもたくさんお待ちしてます!!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE