Handmade Life

〜 one tree of Life 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
合コンで失敗しない為に
はい!!今日はお仕事がお休み!!
お昼からパソコンをいじり倒し・・・いや『クロヒョウ』 を買ってしまったのです!!

面白い!!
へたな格闘ゲームよりもスカッっとする!!

・・・と、ゲームの話をしてしまうとやっくんが『戻る』ボタンを押してしまうのでここまで。

一昨日のお話です。

パラグラフからの指令『合コン勝負服で登場せよ』のミッションを受けてきました。


結果は・・・

「翔太郎じゃないか!!」
「おい!!翔太郎!!」
「どんだけWだよ!?」

と言う悲劇に。
ちなみに『翔太郎』とは仮面ライダーWの主人公です。

好きなものの影響をすぐに受けると言うのは男子の特権ですね。
思うんですけど、好きなものの影響を受けない人間のほうが結果として個性が無い。
「モノマネでもなんでもいいから誰かをマネをすること。それが結果として自分の個性になるんだよ」と演出的なお話をしたら、「それってオリジナリティがないじゃないですか」と言われたことがある!!

そんなに独自性でのスタイルを気にするなら『人が作った服を着るな!!裸で生きろ!!』と言いたくなった!!

そんなわけで服の話。

実はこのHandmade Life・・・『ファッション 心理学』の検索件数も増えました。

服装が相手の心理にどう影響を及ぼすか?

気になる人が結構多いようです。
なのでまぁ、俺のエセ知識で良かったらちょっとだけ書いておこうと思います。



続きを読む >>
| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 12:10 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
Eさん黒幕説
さて。
予告してしまったので書きましょう。

タイトルで「良くわかんない!!」 ってなった人はこの記事をお読みください

もっつぁんの妄想観覧車なみに妄想を広げたなぁと反省しているものか!!

さて。
妄想したからにプロセスを書かなくては!!

問題をひとつ。
好きな人の相談や愚痴を聞くことは距離を縮めることになるか?


こんな実験があります。
Aくんは意中の相手にプレゼントを会う度に渡していました。
Bくんはお金がないので会う度に意中の相手を褒めました。

結果、女性はどちらに好感を抱いたか?

Bくんです。

Bくんと会うだけでなぜか「褒められた気持ち」になっていくのです。
そうなったら褒めても褒めなくても「一緒にいるだけで嬉しい」と言う心理が心に刻まれます。

対してAくんには「一緒にいるとプレゼントをくれるから嬉しい」と思い始めます。
そのうちに彼女の価値はAくんよりもプレゼントに移行します。
プレゼントを持ってこないとがっかりされます。

信じられないと思う人は心の中を探ってみてください。
「自分の誕生日に恋人、家族、親友誰からもプレゼントをもらえなかったら?」
がっかりするでしょう?

子供のころから「誕生日はプレゼントをもらえるもの」として認識しているのです。

この実験を逆さにとると・・・常に愚痴や相談をする相手がいると会うだけで「なにか相談や愚痴を話さなければ」と言う気持ちになるのです。

そして愚痴や相談をしている時の感情。
イライラしたり、迷ったり、不安な気持ちがその人に抱く感情としてすり替わっていくのです。

つまり『逆吊り橋効果』です。

でも世の中には相談相手から恋人になったカップルがたくさんいます。

そういう人はいつの間にか付き合ってることが多いのです。
無意識下の中でそうなったのですが、実はこれを引き出す心理学的必殺技があります。

「そうだね、つらいね。じゃあ、どこに遊びに行こうか?」

です。
俺はなぜかはわかりませんが、相談ごとや愚痴を聞くことが多いです。
で、ほとんどの場合が「その場では解決しない問題」であることが多い。

ま、俺も愚痴りますけどね。

俺の場合、軽度のうちに人に面白く脚色して話して笑ってもらうことでちょっとスッキリしますけども。
だからと言って解決するわけではありません。

相談ごとも2種類あります。
一つは悩み事。
不安な気持ちを理解してもらいたい。
モヤモヤを解消したい。

これも愚痴とほぼ同じです。

感情を共有しても悩みが解決するわけではないので、イライラやモヤモヤ、不安は解消されません。

「ありがとう。ちょっとすっきりした」と口では言います。
頭の悪い男子はこれに騙されるのです。

俺はそうでした。
『いい男』を演じたつもりが、いつのまにか『どうでもいい男』になっているのです。

「いつでも愚痴や相談を聞いてくれる都合のいい男」よりも「一緒にいたら悩まなくていい男」のほうが真に「いい男」だと気づくのはずっと後のことです。


だからこそ、上の必殺技を身につけておくべきだ!!男子諸君!!


が。
逆効果になる相談もある。

相談ごとのもう一つ。

自尊心を傷つけられた時。

人間は自分は価値がある人間だと思っています。
『アンケートで「自分の能力は?」と聞かれて「平均以上」と答えた人は70%』と言う調査結果があります。

つまり平均すると、ほとんどの人間が平均以上だと思っている。
ん?わけがわからない!!

ほとんどの人が『自分は多少なりとも優れた要素を持っている』と思っているのです。

と言うことはほとんどの人間が自尊心=プライドを持っていると言うこと。

それを傷つけられた時、とても落ち込みます。
「自分は平均よりも劣っている」
そう思わざるを得ない状況の時の相談をしている時には必殺技は使えません。

「私がこんなに落ち込んでるのに!!」
と、逆に反感を買うでしょう。

さすればどうするか!?

しっかりと聞いてあげましょう。
自尊心を傷つけられた時はとても弱っています。
その弱い自分を見せたことで既に貴方は彼女にとって『特別な存在』なのです。

その瞬間はそうじゃなくても、彼女が家に帰って思い返した時「あんなにかっこ悪いところを見せてしまった」と思ってもらえればいいのです。

先述の通り、人間は自分に価値を感じるので『弱みを見せるのは特別な相手だから』と自分を納得させようとします。

誰彼かまわず弱みを見せることが出来る人間はそうはいませんし、それは動物の本能からして違います。

話がやっと戻せますが、Aさんは自分の体を売ってまで会いに行ったBさんに冷たく突き放されます。自尊心はズタボロです。

そこへEさんがかけた一言。
「君がやったことは間違いじゃないよ」
この言葉にAさんはどれだけ助けられたか。

ベストです!!
そう。
ベストすぎるのです!!

ここまでパーフェクトだと、完全に仕組んだとしか思えません!!

Cさんにお金を渡し、Dさんには「一晩だけいい思いをさせてあげる」と持ちかけた。
もしAさんがBさんに本当のことを言わなかったら、現場の写真をBさんの家のポストに入れたでしょう。

なんて極悪非道なEさん!!

こうして完璧すぎたので俺は敬遠したのです。
『○○過ぎる○○』って言うのは「美人過ぎる議員」「美人過ぎる海女さん」しか好きじゃないなぁ・・・。

続きを読む >>
| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 23:21 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
とある心理テストに端を発する。
今日は仕事が早あがりでした。
疲れているわけではなかったのに睡魔に襲われて家で寝てしまいました。

「イベントもしばらくないから休める時に休んどけ」 と親父がそう言って剣舞に行きました。
たまにはかっこいいとこ見せるじゃないか!!
車泥棒のくせに!!

・・・と言うことで剣舞をお休みしたのでPCを立ち上げました。

なので期待にお応えしまして心理学を少々。

今回は趣向を変えてお送りします。

『心理テスト』について。

こないだmixiで心理テストがニュース(コラム)に載ってました。
内容はこうです。


AさんとBくんは恋人同士です。
2人は大きな川を隔てて、それぞれの家に住んでます。
川を繋ぐのは橋。

ある日、洪水によってその橋が流されてしまいました。
AさんはBくんの安否が心配で仕方なく、船を持っているCさんに相談しました。
すると「こんな洪水の後に船を出すなら100万円はいただかないと」と言われました。
100万円の大金などAさんは持っていません。
困り果てていると、それを聞いたDさんが「君を抱かせてくれるなら俺の船を貸すよ」と言いました。

どうしてもBくんの安否を知りたかったAさんはその条件をのみました。
そしてDさんに船を出してもらい、無事B君に会えました。

「こんな状況でどうやって会いに来たの?」と聞くB君にAさんは正直に答えました。
するとBくんは「汚らわしい!!別れてくれ」と言いました。
ただただBくんのことが心配だっただけなのに突き放されたAさんは悲しみにくれました。

そこへ以前からAさんへ好意を抱いていたEくんが現れて。
「君のやったことは間違いじゃないよ」と慰めてくれました。

そしてAさんとEくんは数年後、結婚して幸せに暮らしました。

さて。
この登場人物を『好きな順番』に並べてください。


書いちゃったのでついでに答えも発表します。
続きを読む >>
| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 20:22 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
心理学はまだか?
言っておくが俺は学者では無い!!
博士号も持ってない。
それどころか学歴に至っては並以下だ!!

「一樹さんの心理学楽しみにしてるんですよ」 

と言われても何の権威もないし、説得力もない!!
けれどそう言ってくれる人の為にたまにPCを立ち上げてなにか書こう。


久々に書くのと、昨日一昨日と行ったコテージにもあったので最もポピュラーな心理学を。

『吊り橋効果』

もはや一般常識とも言えるくらい知ってる人が多い心理学用語。
内容は「2人でつり橋を渡ると、吊り橋のゆらゆらから来るドキドキも恋愛のドキドキとして錯覚してしまう」効果。

あらかじめ言おう。これは吊り橋でしか使えないわけではない!!
家でも店でもどこでもいい。
二人っきりでドキドキする場所ならそこに吊り橋がなくても吊り橋効果と呼ぶ。

もし、これを発見した人がお化け屋敷で発見したなら『お化け屋敷効果』になっていてもおかしくない。
そのぐらい恋愛においての『吊り橋』は街に溢れている!!

でも「吊り橋効果吊り橋効果」とぶつぶつ呟きながら歩くゆーたや優を見ていてもうひとつ。

『同調効果と共有効果』

同調効果と言うのは『同じであろうとする意識』。
「みんなが携帯電話持ってるから買って!!」とせがむ子供はこの心理から来ているんですね。

共有効果と言うのは『同じモノを持っている人には親近感を抱く』心理。
例えば高校に入学した時に、別に前は話してなかったけど同じ中学の人とやたらと話してしまう心理。

これらを踏まえて言おう!!
いまさらみんなで吊り橋を渡っても何の効果もない!!

そもそも吊り橋効果はマンツーマンでなければ意味がない!!
ドキドキしても誰と一緒にいるからドキドキするのか理解できないからだ!!

「キャンプに行こう」と言う団体行動の中で「ちょっと吊り橋行ってくる」となれば同調効果により「じゃあみんなで渡ろう」となる。

つまり吊り橋があっても意味がないと言うことだ!!

でも悲しむことなかれ!!
我々は共有意識によって既に充分な好感度がある!!・・・はずだ。


さて。
こんな感じで初級編と題してお送りした!!

本当はさらに高等テクニックなどを書いてみたいのだが時間の都合で割愛する!!












| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ポリシー癸
ブログを書けない!!

一日で働いてる時間は9時間ほど。
移動に往復1時間。
休憩が2時間なので拘束時間は13時間。

前までなら休憩中に書いていた。

今は喫煙室がサウナのようなのですぐに部屋に戻る。
すると誰かしらが休憩しているので会話をする。

会話が楽しいと言うのも理由にはなるけども。

俺にはいつくかのポリシーがあって。
その中のひとつがこれだ。
「人と話している時に携帯をいじらない」 

俺がモテようと思った時に最初に始めたモテテクがこれだ!!

どんないじりかたであれ、携帯を常にいじっている人は相手に不信感を抱かせる。
暗に「あなたよりも別の人間と会話してるほうが面白いですよ」と相手に伝えることになる。
例えそれがネットだとしても「あなたよりもゲームのほうが面白いですよ」と伝えている。

だから俺は目の前でメールをうつ時に「ちょっとごめんね」と言ってうってくれる女性が好きだ。
無言のまま、会話をしながらメールをしてこっちの話を実は聞いていないとか。
「ふたつのことが同時に出来ます」アピールをされてもなんとも思わない!!

さらに断言すれば人目をはばからず携帯をいじりまくる人はKYだ!!


・・・あれ?
まぁ、そんな感じだ!!

そんなわけで2時間休憩でも俺は喋りっぱなしなのでブログを書けないのだ。
おかげさまで「話しやすい男子癸院の座も近いのだ。

ただ、「高田さん」と呼ばれるのだけがどうにもピンと来ない。
そういや半年以上も「高田さん」とは呼ばれてなかった。


| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
軸のある人間とスポットライト効果
昨日テレビを見ていて驚いた。 
Handmade Lifeでも触れた岡田監督の進退伺発言「批判の矛先が選手に向かない為に言った」らしいのだ!!

これに俺はとても感動した!!

「僕が選んで、預かって、ついてきてくれてるから辞めることは決してない」

岡田監督は前にそう言っていたそうだ。
選手が集中できるように、自分が矢面に敢えて立つ。
とてもかっこいいと思った!!


「自分をしっかり持っている」とか「軸がある」とか言われて褒められることが最近ありました。

俺は『そうなりたいと願う人間』なだけであって、自分と言うモノはわかってないし、軸ってなんだろうとは思うけれど岡田監督の行動で思った。

かっこいい男の条件は容姿では無く。

譲れないものがあるかどうか。
それ以外のことは笑って流せるか。


ついでに言うと「譲れないものを周囲の人間に伝えられているか」も。

俺の漫画バイブル『ONE PIECE』でルフィは何度も何度も「海賊王になる!」と叫びます。
でもルフィにとって「海賊王」とは最も多く敵を倒した海賊では無く、「ひとつなぎの大秘宝」を見つけた海賊なのです。

だから無用な戦闘はしないし、略奪もしない。
常に心の中には「海賊とはなにか」がしっかり存在していて、決して迷うことはない。

こういうのを「軸がある」と思うんですよね。

俺は「譲れないもの」は無いです。
損得勘定や見栄えで行動を決めます。

常に考えているのは「どうすればかっこいいか」

あれ?
軸・・・ありましたね。

けれど漠然とし過ぎてると思うんです。
騎士道も武士道もかっこいいと思うし、洋楽も三味線もかっこいいと思う。

でも周囲に理解してもらおうと思うのは「高田一樹はかっこつけたがりだ」と言うイメージ。
これを常にしていなければ「は?」とか「え?」とか思われます。

軸が無い人間ほど、理不尽なことで怒る気がします。
本人にとっては怒る理由があるんだろうけど、それを周囲が理解出来てない。

トーマス・ギロヴィッチと言う博士がこういう実験をしました。

大学生に恥ずかしいTシャツを着せて道を歩かせる。
「すれ違う人の何人くらいがキミを見ていたと思う?」と質問する。
実際にすれ違った人に「彼のTシャツを見ましたか?」と質問する。

すると、Tシャツを来た大学生は平均して「通り過ぎる人の59%が見ていた」と答えた。
が、実際にそのTシャツを見た人は24%しかいなかった。

これは"スポットライト効果"と言って「コンプレックスは自分が思うほど周りの人は気にしてないよ」と言う時に説明したりするんだけど。

視点を変えれば、自分の思っていることは自分が考えるほど他人には伝わって無いと言うことにもなる。

それを考えずに「自分の思想はみんなが理解している」と大の字を広げてる人間はかっこ悪い。

そう思うから俺は常に「かっこつけたがり」をアピールするのです。

逃げも隠れもせこいことも汚いこともやる。
でもかっこ悪いと自分で思ったことはしない!!

そうして軸のある人間になれたら、それ以外のことはどうなってもいい。
それは諦めでは無く、そうなった自分の責任をとることだと思う。

だから自分がどれだけ批判されようとも選手が集中して試合に望める態勢を整えようとする岡田監督はとてもかっこいいと思った!!


野球と比べられがちだけど、そもそもスポーツが違うのだから気にせず精一杯戦ってほしい!!
| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1500
ひとつ前の記事で1500個の記事になりました!!

正確に言うとリンクに使ったり、下書きして放置したりした記事があるので1500ではないんだけども!!

まぁよくもこんなくだらない記事を1500も書いたもんだと。

1500も書くと、自分の好みも変わってくるし、文章のニュアンスも変わってきます。
たくさんの人に影響を受けましたし、パクったりもしました。

検索キーワードで引っかかる言葉もガラリと変わったような気もします。

増えたのは「モテる」ってのと「心理学用語」ですね。
いまだにセルフサマライジング・シンドロームは毎月誰かが検索して来ます。
しかもこの記事は1200番目なので300も前の記事なんですね。

かと言って別に書くことはないので、どうでもいい話を書こう!!
この記念すべき1501個目の記事に!!

ある調査によると恋人が付き合い始めた時期は4〜5月と言うのが最も多いそうだ。

4月になるとクラス替えとか新しい環境になることが多く、出会いもあるからと言うのが一般的な見解だ。
「別に新しい出会いも無いし」と思ってがっかりしなくて良い!!

12年からそれ以上、学生生活を送ってきたのだから「四月は出会いの季節」と言う認識が潜在意識に刷り込まれている。

だから、出会いがなくても「恋人が欲しい」と思う感情が起きるのだ!!
つまりチャンス!!
と言うことでトークでモテる!!

世の中「面白い人が好き」と言う女性が多い。
こぞっていろんな芸人のネタをパクって話してる人がいる。
さらにはバカやって女性の目を惹こうとする人もいる。

ファミレスなんかで周りの席を見てると面白い。

が、それではモテない!!
「面白い人が好き」と言う女性は前提として「平均以上の学力」を求めているからだ。

ロバート・コームズ博士とウィリアム・ケンケル博士と言う2人の学者がリサーチした結果、魅力を感じる男性の条件に「平均以上の学力」を挙げた女性は86.3%いたそうだ。

つまりバカをやって女性の目を惹くことは出来ても、魅力を感じてくれる女性は15%もいない。

と言うことは10対10の合コンでやっと1人か2人のメルアドを聞けるくらいだ。

さらに2010年の男子のモテ小物は「黒ブチメガネ」だそうだ!!
『真面目』の象徴だ、黒ブチメガネなど!!
「面白い人」はかけていない!!「じゃないほう芸人」がかけている!!

つまり女性は「面白い人」を求めているのではなく「自分を楽しませてくれる人」を求めているのだ!!

だから「面白いこと」を言う必要はない
「普段はちょっと知的だけど、話してて楽しい」

これがトークの席でモテる男性の条件だ。たぶん。

1500個の記事を書いておいて、なんだが。
俺が書く心理学は、基本的な用語や説明、調査結果は本物だが応用の仕方やそこから導き出す結果は俺が勝手に解釈したものだ!!

だって、本物を知りたかったら本を買えばいいじゃない!!

ただ原文を引用しただけよりも「それを元に変態理論で応用」する。
ここに自分の楽しみがあり、そして妙な説得力を生ませる。

そんな自分は「知的で楽しい変態男」になりたいと常々思っている!!

これから2000、3000と記事を書いてもそこは変わらない!!

だってモテたいからブログ書いてるんだもの!!

| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 12:53 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
日本代表発表!!

俺はサッカーが好きである!!
「好きなスポーツは?」と聞かれたら最初にサッカーを挙げる!!

Jリーグが開幕したころはJリーグチップスを買い漁り、日曜日にはサッカーボールを持って学校のグラウンドや駐車場でリフティングが何回出来るかを友達と競ったりした。

実はこんな単純な質問にも人間の心理を読むヒントが隠されている!!

「サッカーと野球だったらどっちが好き?」

これが心理テストだと知ったのは割と最近のことだが、情熱華劇団に見学や、もしくは入団した人はほとんど聞かれている質問だ。
なぜなら優は野球派で副団長の俺はサッカー派だからだ。

もちろんまったく別の競技なので良し悪しは無い!!
これから情熱に見学に来ようと思っている人がいたら『正解は無い』ことを念頭に置いてほしい!!

さて、一樹ブロガーはどちらが多いだろうか。
自分はどっちが好きかを口に出してから続きを読んでみてほしい!!

続きを読む >>
| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 00:21 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
ファッションと心理学

さきほどの記事で脱線した話を本線として書きましょう!!

髪を切った俺ですが、特に理由が無いのでした。
『理由なく髪を切る心理』は【こうなりたいと言う自分の理想が定まらない心理状態】だと言われています。
または過去との決別とも、言われますね。

失恋した時に髪を切ったり、演劇人で舞台終演後に髪を切ったりするのはそれまでの自分とお別れする心理が働くわけです。

逆に理由なく切る場合は「それまでの自分とお別れしたい」と言う願望を抱いている可能性があるんだそうで。

そう言われればそうかも知れないなぁ、と。

そんな訳でファッションと心理学のお話を少し・・・では済まないかもしれない!!

コスプレの件でも触れましたが、服装は「そう見られたい自分」の現れとも言えます。
と同時にその服装を見た人に与えるイメージを左右する大事なパーツです。

舞台上でロングコートを着てサングラスをした人が「警察官だ」と名乗ってもダイレクトに警察とは思えない。
舞台でも映画でも監督や演出、大道具に続いて衣装の名前が上がるのはそれだけ大事だからです。

それだけ大事なモノをどう使っているかで「与えたいイメージ」を作りだそうとするわけです。

なんか今回は説得力がありますねー!!

「○○系」にこだわらず、コロコロ服装を変えるタイプ。

自分はマルチな面があることをアピールしたい人間。
と、同時に関心を持ってもらいたいタイプ。
良く言えば多才、悪く言えば八方美人。
言動に一貫性が無かったりする面倒な俺のような人。

小物にこだわるタイプ。

アクセサリーに必ず一貫した物をつける人は好きな物にこだわりがある人。
色は必ずピンクを使うとか、必ずカエルをつけている、とか。
決して前面には出さないけど良く見ると自分で決めたルールがある。


「部屋にある物を着てきた」と言うタイプ。

2種類いますね。
本当は一生懸命選んでいる「テストだけど昨日勉強してないや」と言うタイプと、本当に適当な人。

この2種類は真逆です。

前者は自信の無い人。
褒められるのにも、けなされるのにも慣れていません。
でも陰でこっそり努力する人。でも評価されたく無い人。
でも世渡り上手。

後者は自信がありふれている人。
自分自身と言うブランドに価値があると思っているのでプライドが高い人が多い。
扱いが面倒だったり、人付き合いが下手だったりします。
でも型にはまれば強いタイプ。

この真逆を見破る方法は「パンツと靴」を見ること!!
「パンツ」って言うのはズボンのことですぞ!!
スカートをめくらないように!!

なんの映画だったか忘れたけど「その人を知りたかったら靴を見なさい」とお母さんだったかに言われるシーンがあります。
最も目につきにくい足元に気を使っているかどうかでオシャレ度がわかると言う名言です。

本当に適当に服を選んだ人はくたびれた靴や、いつも同じズボンを履いています。
ってことで前者後者の見分けは割と簡単に見抜けますよ。

派手な色や原色で身を固めるタイプ。

「明るくて楽しそうな人」と思われたいタイプ。
実は寂しがり屋が多い。



疲れてきたのでこんなところで!!
一貫して言えるのは、服装に気を使っている人は「見た目とは逆の性格をしている」ことが多い。

「おしゃれだなぁ」と思う人は、実は自信が無かったり。
「派手だなぁ」と思う人は、実は寂しがり屋だったり。

だから極論を言えば露出狂とかってすごい自信家だと思うんだよね!!





・・・なんかただ知識をひけらかすだけの日記になってしまった!!

| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 16:21 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
剣舞の話からコスプレの話に脱線する!!
5月5日の剣舞の写真を手に入れたのでUP!!



こんな感じでした。




あと、こんな感じ。
全然関係ないんだけど・・・いや、全然関係あるんだけど。

髪を短くしたら意外に評判が良いのよ!!
「お洒落に見える」
とか「短いほうがいい」とか。
「より北村一輝に見えますね」とか「いや玉木宏に似てる」とか。
「じゃあ間をとってココリコ田中で」とか「うん、そうしよう」とか。

ちょっと!!『間をとって』ってなに!?


剣舞は明日も古町であるんですけども。

剣舞では髪は短いほうが美徳とされるんです。
コンクールなどでは衣装の他にも髪型も指定されていて「黒髪オールバック」なんです。

黒髪はわかるけど、短髪って!!
ちょんまげはダメなの!?
っていつも疑問に思います。

だってそういう時代のモノでしょ?剣舞って!!
で、がっつり髪を真っ黒にして参加した大会で普通に茶髪の子が入賞したりしてました。

そういった感じで一様に服装が決められている状態。
これは学生や警察官などの「制服」がその最な例です。

「制服」にはイメージがつきものです。
ナースの制服には「献身的な優しさ」を感じますし、女子高生の制服には「若さと純真さ」を感じます。
キャビンアテンダントには「スタイルの良い知的な美人」、スーツの女性には「堅実で知的な」イメージを感じます。

つまり、その人の好きなコスプレを聞くと「なにを求めているか」を知ることが出来るんですね。

と、同時にその制服を着たいと思っている女性は「そういう風に見られたい願望」があるのです。

あ、なんか話が別の方向に行きそうなのでこの件に関しては記事を変えますね。

「どの制服も捨てがたい!!」
と言う、俺やもっつぁんのような男性は女性に「非現実」を求めているか、ただ単に女性と言う存在が好きな変態です。
気をつけなはれや!!

あ、違う違う。

個性を隠すと言う意味もある「制服」は個人の個性ではなく力量を純粋に審査する為のモノなんだねー!!
という感じで、よろしいでしょうか?
| 高田 一樹 | K's style Psycholgy | 14:37 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)
モテる技術 (ソフトバンク文庫NF) (JUGEMレビュー »)
デイビッド・コープランド,ロン・ルイス
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 高田一樹
110715_1447541.jpg
地元新潟で演劇活動などを行う人。


峰精流剣舞道峰精館所属。
雅号は高田壱峰(いっぽう)
師範なのを良いことにやりたい放題する。

殺陣教室!!
高田劇剣術道場

詳細はこちら
綺麗なお姉さんと心理学が好き。
モテたい。

twitter@sir_kz その他詳細は下のPROFILE欄でご確認ください。


「こんな記事を書いて欲しい」リクエストや直接伝えたい方は下記のリンクからメールをお送りください♪

To Handmade Life
one___tree712@yahoo.co.jp
(___を削除してアドレスに打ち込んでください)
もちろんコメントもたくさんお待ちしてます!!
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE